インビザラインの記録

インビザライン(マウスピース歯列矯正)の記録を残していきます。

iTero

2020年12月21日

先は長い。。。

 

インビザラインの精密検査では、マウスピースを作るための型取りをしました。

 

特に虫歯等問題がなければ、その約1ヶ月後に、クリンチェックと呼ばれる治療計画が出来上がり。

 

そしてその約1ヶ月後にマウスピースが出来てようやく治療開始となります。

 

先は長いなぁ。。。

 

iTero 

 

さて、インビザラインの型取りですが、私の場合検査した3つの歯科医全てで、

 

「iTero」

 

というシステムを使用していました。

たぶん「アイテロ」って読むんじゃないかと思います。

 

f:id:USR95048:20201218170734j:image

 

*1

 

 

右についている器具を口の中に入れてスキャンします。

画面上で3Dの歯型がみるみる表示されて行って、何とも不思議な感じです。

歯の裏側の着色とかも忠実に表されて恥ずかしい!

シリコンで型を取ることもあるらしい。

 

私の場合全てがiTeroだったのでそれが普通なのだと思っていましたが、シリコンの型を取る歯医者もあるみたいですね。 

シリコンもどんな感じなのか試してみたい気もします。

*1:

※画像はPRTIMESのアライン・テクノロジー・ジャパン社の記事から拝借しました。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000015367.html